早わかり!髙助

髙助とは?

創業130年以上の歴史を誇る、新潟の総合エネルギー商社です

髙助の歴史は明治18年(1885年)1月、四代目高橋助七が運送業、北洋漁業の運営のために「高助商店」を創業。その後、昭和27年(1952年)3月に株式会社に改組し、昭和60年(1985年)に現在の「株式会社 髙助」に名称を変更。創業から130年以上経った今日も、新潟の総合エネルギー商社として、地域に貢献しています。

企業データ

創業

134

(2019年現在)

従業員数

80

(2019年3月現在)

売上高

142億円

(2019年3月現在)

髙助の事業は?

総合商社として幅広い事業展開を行い、地域に貢献

石油事業

県内外の提携約30店舗の給油所と官公庁及び主だった企業に石油製品、各種エネルギー、タイヤ等の販売を行い、お客様や社会のニーズに応え続けています。

SS事業

ENEOSのガゾリンスタンドを新潟市内6店舗営業しています。また、車両販売やリース、今般の時代のニーズに応えられるようにレンタカー事業も開始。お客様のカーライフを今まで以上にサポートできる体制が整えられています。

建材事業

建材事業は、建築様式、材質、仕様、納期の短縮など、そのニーズの変化に対応すべく、セメント、生コンの販売、アルミサッシ、ガラス、外壁材などなど取扱品目が多岐にわたります。また、施工やアフターサービスも提供しています。

生活事業-物流部門

輸入塩の配送を主体として、幅広く一般貨物を取り扱っています。配送エリアは県内を中心として、また県外では主に関東近辺に配送しています。

生活事業-塩部門

水産加工、味噌、醤油、漬物等の加工食品に使用される業務用塩やご家庭の調理に使用される小売食用塩などの塩を安定的に供給させていただいております。冬季間は道路の凍結防止剤の安定供給を行い、皆様の生活を守る使命の一翼を担っています。

生活事業-ボトルウォーター部門

私たちの生活に欠かせない「塩」「飲料水(ボトルウォーター)」などを含め、日常生活に密着した様々な商品を安定的に提供しています。

髙助の強み

各事業で高いマーケティングシェアを獲得

髙助では、人々の生活に欠かせない5つの事業を軸としています。築き上げてきた確かな「伝統」と、時代の変化に応える「柔軟性」で、その事業どれもが県内で高いマーティングシェアを誇ります。これからもこの地に思いを馳せて、地域の皆様とともに、今後ともなお一層の発展を目指してまいります。

創業130年以上を誇る地域からの信頼と、確かな実績

明治18年の「高助商店」の創立から当社の歴史は始まり、130年もの月日が立ちました。時代が変わっても創業からの想いは変わらず、常に地域社会とのよりよい共生を目指し、共に発展してまいります。また100年、200年と続く未来へ向けて、今後も走り続けます。